スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収納..それは住所をつけてあげること。

設計段階で大まかなプランニング(ゾーニング)が決まると
収納についても同時に考えて行きます。

収納についてよく考えられた家は、頻繁に片づけなくてもすみ、お客さんを気軽に招き入れやすくなります。

そのためにはその部屋にとって必要なものの場所を決めてやる必要があります。

設計段階では「住所をつけて上げましょう」という表現を使ったりします。

毎日使うもの。たまに使うもの。季節ごとに使うもの。あまり使わないが捨てられないもの。
捨てるまでの間おいておくもの。いろんな大きさ、いろんな形があります。

それぞれに、納戸(部屋)、押入れ、クローゼット、深い棚、浅い棚、見せたい、見せたくない、など、その「もの」が落ちつく場所を最初から決めておくといいでしょう。

でもその作業(住所を決める)がけっこう難しい。

収納がたくさんあるのが良いのではなく(あればあるほど収納の中ははいっぱいになってしまいます)、それぞれの住所を決めてあげることこそ収納名人になるコツです。

収納
yuz


スポンサーサイト

おばあちゃんのころの家づくり

私たちが生まれる前。おじいちゃん、おばあちゃんのころの家づくりは大工さんが中心の家づくりでした。

ほんの50年ほど前の話。

家の設計、材木の手配、実際の工事、そして大工以外の職人の手配まで。
当時の大工さんは建築家でもあり現場監督さんでもありました。

工事代金の支払いも今とはちょっと違っていたようです。
それぞれの出来高に応じて施主さんが直接それぞれの職人さんに支払っていたのです。

まさに顔の見える家づくりです。

私のおばあちゃんも家のことをよーく知っています。
この敷居はどこそこの山にあった桜を1年乾かせて...とか
この床には油を塗って、梁には紅ガラを自分で塗って...とか。

職人さんたちも身近な職人さんたちだったことでしょう。
職人


今の家づくりは工務店やハウスメーカーを通すので実際にかかる費用は良くわかりません。

みんなが納得する家づくりがしたいのです。

ありがとう」がいっぱい詰まった家が作りたい。

昔はそれが当たり前だったのかも?

未来の私はどんな家づくりをしているのだろうか?

yuz



照明器具は買いません!

我が家の照明は...ほとんど...

...磁器製です。
照明

照明2
こんな感じ。

愛三電気というところで部品を必要なだけ購入。
耳付レセプタクルとモーガルソケット。1個160円ぐらいだったと思う。

理由はは白熱灯の自然な明るさが好きなのと自然素材の家に良く合う明かりの色だから。

蛍光灯の安定期のブレのようなのもあんまり好きではないし...。

でも安いのが一番の理由かも
30個買っても5000円ぐらい。これに量販電気店で買った1個200円ぐらいの電球。



必要な場所に必要な明るさ。
見せる照明。見せない照明。けっこう奥が深いです。

yuz

家の撮影と取材

今日は家の取材とカメラマンさんの撮影がありました。

朝からお片づけが大変!

数日前からぼちぼちやってはいたんですが、
三人の子供達が帰ってきたとたん、
ランドセル、帽子、手提げカバン、登校時の黄色い旗..

私の頑張りを返せ~~~~~~
私の掃除した時間も返せ~~~~!!

その繰り返し。

なので、今日の3時間が勝負でした。


なんとか、間に合って取材開始。

カメラマンさんは、
「もう少し早く知り合っていれば、家建てる時にお願いしたのに。。」
っとおっしゃて下さいました。

うれしい!!!

カメラマンさんは、実は近所の方で
うちを見ながらよく散歩されてたそうです。

またまたうれしい!!!

今日の出会いから、またいろんな人につながっていくような
気がして、楽しい一日でした

arima_160.jpg

雨の中、取材ありがとうございました

tom



ナチュラルハウス完成見学会の参加者募集!

ナチュラルハウス完成見学会の参加者募集!その1

兵庫県明石市大久保の自然素材をたくさん使ったお宅の完成見学会を
6月24日(土)25日(日)に開催します!

建て主のNさんに感謝します!

時間は両日とも午前10時から午後4時まで。

たくさんの方に是非見て頂きたいと思っています。

どんな家かといいますと...
ちょっとだけ...
外観

無垢のパインの床と天井
壁は漆喰か珪藻土(これからの工事)
高性能な断熱と気密
輸入の木製サッシトップライトオールステンレスの職人がつくるこだわりキッチン
そのほか施主さんのこだわりがたくさん!

参加希望者はこちらからお願いします
yuz

心配(ー_ー)!! お散歩わんちゃんの...

一戸建てに住み、庭を持つと
心配になるのが「犬の置き土産!?フン。

家の西側は、あぜ道に続き
のどかな田園風景を満喫しながら、お散歩が楽しめる
絶好のコースなのです。

冬は暗いうちから、ほんとご苦労さんだね~~て
うなってしまうくらい、たくさんの飼い犬たちが歩いて行きます。

それに西の庭、犬を呼び寄せるためかい!!っと
私をムッっとさせる電柱がそびえ立っているんです。

電柱
もう犬の公衆トイレになる要素タップリ。

しかし、しかし、ワンコたちは素通り。

たぶん、木酢液と庭の手入れのおかげのよう。

飼い主さんも、犬にフンをさせにくいみたい。

庭を大切にする事に、こんなメリットがあったとは
ほんと、驚きです。

今日も、犬の攻撃を阻止するために、
雑草をちまちま抜いております


tom

5年目のOMソーラーのお宅

家が完成してから5年半ほど経ったお宅に行ってきた。

OMソーラーシステムを採用したお宅です。
(OMとは太陽熱で暖房したりお湯取りしたりするシステム)

今日はそのOMの工務店の方とOMソーラーの点検です。

家の中に入ると杉の床も柱も梁もいい色に変わっている。
本当に時間が家を美しくしている。
もちろん住まい手も家を大切にしておられることがすぐにわかる。

「本当に気持ちよく暮らしています」と...

この言葉が本当にうれしい。僕に力を与えてくれる。

玄関5年目の家の玄関


食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機を使っています。

使っている人はお解かりだと思いますが、もう手離せないですよね!!
めんどくさがりの、かたずけ下手な私には

本当に有り難いです

食洗機を買いたいと思っても、なかなか買えないんですよね。

なんでしょう!?あの後ろめたさ。ふと思ったんです。
赤ちゃんが産まれて紙おむつを使っているときの、アノ感じに似てるなって。
手抜き主婦だ!!!って、誰かに言われているような

でも、そんなことないですよね。

どんどん性能もよくなって、水の量も手洗いより少ないようですよ。

実際、家を建てられる方はほとんど導入されます。

やっぱり、みんな本当はほしいんですよね

tom

ナショナル ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機) 7人分/50点 ミスト機能・ドアパネル型・ワ...

壊してみるとこんなにすごーい!!

こんなにすごい空間が現れた!
梁

昨日から解体工事のはじまったリフォーム工事の現場です。
(ビフォーアフターのようにいっきに壊しません。大工さんが丁寧に壊します。)

設計ではシンプルに天井を設置しモダンに仕上げる予定だったが、
解体してみるとこんなに美しい空間が現れた。

設計変更したい!

どんなことがが出来るのか、どんな空間に仕上げることが出来るのか、

楽しみな現場になりそうだ

yuz 

 

小さな小さな窓

小さな小さな窓があります。


風は通しません。

光も少ししか入りません。



でも大好きな窓です

(こんな窓でも断熱サッシでペアガラスの既製品)




yuz

何度もなんども...

私たちの家造りは、何度もなんども

お客様と打ち合わせをします。

事務所に来ていただいたり、ご自宅に伺ったり。

 

大変な手間ですが、私はこの打ち合わせが好きなんです。

始めは緊張しますが、その緊張もいいんです。

うちのどんなところが気に入ってくれたんだろう、

設計事務所がたくさんあるなかで、どうしてここを

選んでくれたんだろう。。。

いろんな事を考えると、ほんとワクワクするんです。

 

そして、いろんな方とお話をすることで、ものすごく勉強になります。

自分で経験する事の量なんて、ほんの少しですよね。

 

明日は新しい現場に行きます。

どんな方に会えるかな~~

tom

maru_256.jpg

からだつきは、しっかりしてきたんだけど、とっても怖がり

お散歩にいけるようになるのか!?マル、根性だっ

 

大工さんがいない間に自分で...

大工工事が終わりに近づき、次は仕上げのお化粧の工事が始まります。

お化粧の工事とは、ボードの上に珪藻土を塗ったり、壁紙を貼ったり

ペンキを塗ったりすることです。

 

今日は日曜日で大工さんは現場に居られません。

明石市の「大久保の家」の施主さんは、仕上げの漆喰(or珪藻土)壁を塗る前に、

今日、ドア枠に白い塗料を塗られました。

リボス

リボス自然塗料 タヤ エクステリア 2.5リットル【送料無料】

オイルの塗料なので素人でも簡単です!

セルフビルド刷毛で塗ってその後にふき取りの予定

パイン材の木目も残ってナチュラルな感じに仕上がるでしょう

 

自分で出来る事は自分でやってみるの良い事です。

コストダウンのためにやるのではなかなか続かない

参加する事、楽しむ事に意味があります。

色々なシーンやストーリーが思い出となって家の中に詰まってゆきます。

 

この家があなたにとっての「愛着のある我が家」になりますように

yuz

 

白い雲と青い空

玄関玄関の写真です

今日の空は本当に青い

思わずシャッターをカシャ!

yuz

庭の生き物たち

今日は朝から湿度が高そう

昨日までの雨の湿気が地面から上がってきているようだ。

朝の庭に出てみると、エゴノキの小さな花たちにいろんな大きさのハチがブンブン。

ハチ

この春はじめて見るアマガエル

アマガエル

そしてハナムグリ

ハナムグリ

これから夏に向けていろんな生き物たちがやってくるだろう。

ちょっと楽しみ

yuz

白い花

庭のエゴノキが花を咲かせました。

白くて可憐な花です。

幹の画像 051_160.jpgエゴノキ

新緑に映えてとてもキレイ

もうすぐヤマボウシも白い花を咲かせそうです。

幹の画像 048_160.jpgヤマボウシ

今日も雨なので、水やりはお休みできます

これから暑くなってくると、水やりが大変

幹の画像 049_160.jpgワイルドストロベリー

幹の画像 050_160.jpg名前がわからない(+_+)

ちょっと紫外線アレルギーなので、ツバの広い帽子&軍手&長靴
の三点セットで、ジャージャーやるのです。

きれいな庭を維持するためには、格好なんて気にしてられないのだ


tom

無垢板の床掃除

無垢の床なんて、どうやって掃除するの?
よく聞かれます。

私は「ほうき」を使っています。
いいですよ、ほうき。
リネン ほうきL

杉の床は傷つき易いので、これが一番かな

狭い隙間もスイスイ。

掃除機だと、引き摺ってまわるのであちこちキズもつくし。

見直したよ!ほうき君って感じです。

音もしないし、なんてったって電気を使わない!!

ちょっと、エコロジーかしらん!?
って、自分に酔うことも出来たりしてね


知見

3年経つと違う家のよう?

完成して3年半ぐらいのお宅に行ってきました。

玄関を入ってみると何か違う!
桧の床の色も柱や梁や杉の野地板の色も飴色(光沢のある茶色)に変わっている。
最初の白かった桧の床のイメージとはまったく違う!

3年半という「時間」が家を落ち着かせ、そして美しくしているようだ。
3年半玄関奥にある接客コーナー

無垢の床板、左官の塗り壁で作られたこの家は、これからも時とともに表情を変えてゆくのでしょう。
yuz


内と外を繋ぐもの、それは...

テラス

室内の床のレベルと同じ高さのテラスは室内の延長のよう。

春の暖かい日には子供が友達たちと小さなテーブルを出してティータイム

自然の息吹を身近に感じられる場所。心が豊かになるような気がします。

室内の居間から続くこのデッキテラスがあるのと無いのでは大違い。室内と同様にテラスや庭についてもじっくりと考えたいですね

yuz

パッシブソーラーハウスが基本です!

地球環境を考えるとなるべくエネルギーを使わない生活が理想です。我が家でも(妻が)毎日お風呂の残り湯を洗濯に使ったり、使わない電気を消して回ったり(私は消し忘れるほう)夜は早く寝るようにしたり?など…。

家づくりでも自然のエネルギーを取り入れる工夫を忘れません。

冬場に家の奥まで日差しが入り込む工夫や、軒をちゃんとつくると夏場に日差しが入りません。そして風通しを良くしてやると木陰の涼しさです。風が無ければ立体的(下から上に)に気流をつくる工夫もあります。

日差し南に大きな窓、地窓、吹抜け

またダイレクトゲインという考え方も必ず取り入れます。しっかりとした断熱をして熱を逃げにくくし、太陽熱をたっぷり取り入れ家に蓄熱するという考え方です。OMソーラーが有名です。

OMソーラー以外にも、私たちの設計仲間の住環境研究所さんが開発した「FITZ(フィッツ)ソーラー」といった技術や、環境創機さんが開発したソーラーシステム「そよ風」といったものがあります。

これらは全て屋根面で集熱し床下の基礎に蓄熱するもので、晴れた日は暖房はほとんど必要なく、気持ちのいい空間になります。

yuz

 

自然住宅の完成見学会を開催します!

明石市大久保の家の完成見学会の日時が決まりました。
6月24日(土)と25日(日)に開催します。
参加者を募集します。(ご連絡ください arima@js8.so-net.ne.jp

模型

施主さんのご好意に感謝します。

杉の床

うちの家は、杉をふんだんに使って建てられています。

床はすべて、杉の無垢です。

とても軟らかいので、すぐキズがつきます。

子供のオモチャなんかは、始め凶器に見えました

息子が二人いるので、なんとかレンジャーもののロボットが
歴代勢ぞろいしております。

ゴロゴロ~、ががが~~っつ、がしゃ~ん

もちろん、床はキズだらけ。

でも、いいんです。暮らしているんだから。
いつまでも、つるつるピカピカではないんです、どんな物でもね。

杉床

杉は触った感じも、見た感じも、優しいんです。

少々のキズは、たっぷり雑巾に水を含ませて拭けば
木が膨らんで目立たなくなります。

うちのお座敷犬チワワ。ツメが心配でしたが、床にダメージもなく
大丈夫でした。
小型犬なら、無垢の床でも部屋の中で飼えそうですよ。
    
                     知見

かわいい花

母の日に、小学一年生の息子から
カーネーションをもらいました。

自分の大切な百円玉をつかって、買ってきてくれたのです。

どんな表情で、花を選んでいたのか。
どんなことを考えながら、プレゼントをさがしていたのか。

そんなことを思うと、たまらない気持ちになりました。
心がふんわりしたような


私のブログを読んで、メッセージをくださった方
ありがとうございました。

情けないことに、どうやって返事を書くのか
まだ解りません

まだまだ勉強せねば

断熱の方法

明石市大久保の家の断熱方法ははアイシネンです。

アイシネン

 

 

 

 

 

 

 

 

幹自然住宅工房で採用する断熱方法としては、ネオマフォームを利用した外張り断熱、パーフェクトバリア(ペットボトルの再生)やウールを利用した充填断熱、そしてこのアイシネンというフォーム(100倍発泡)を現場で吹き付ける方法。この3種類が主。このほかにもセルローズファイバーやコルクなどの断熱材があります。

外張り断熱

 

 

 

 

 

 

 

どれを採用するかは、建て主と、予算、性能、メリット、デメリットをよく話し合い決めます。

ちなみに、このアイシネンという断熱材の特徴は、気密性能と断熱性能が同時に確保できること、断熱性能の劣化が少ないこと、水と反応させて発泡させる(フロンを使わない)こと、VOCが出ないことなど。

2000万円程度の住宅で断熱材の予算はおおむね20万円から80万円程度。どの断熱方法にするのかで家の住み心地は結構違ってきます。

発泡プラスチック系を使うのか、リサイクルできるものを使うのか、それ以外のものを使うのかは最初の段階でヒヤリングし、予算とともに最も良いと考えられるものを提案して行きます。

yuz

納得する価格で家づくり!

 

幹自然住宅工房では「オープンシステム」という仕組みの家づくりを提案しています。

 

いったい本当はいくらで家は出来るのでしょうか?

誰もが思う疑問、不明瞭な建築コストを打破するべく、

施て主が直接それぞれの職人、専門工事業者や材木屋さんなどと契約を結び、

従来の多重下請け構造の中で発生する無駄なコストを

すべて施て主に還元しています。

そのため幹自然住宅工房では、施主との間に立ち、

各業者の選定や見積りの分析、工事工程の調整管理、

金額の決定、設計監理、工事の検査、をしながら進めます。

設計事務所に委託したにも 関わらず、

同じ建物なら従来の方法と比べて価格はかなり安価に!

施て主からすれば家づくりのプロセス全てに主体的に関わることができて、

(確かに手間はかかりますが)

理想的な家づくりの仕組みであると思います。

「愛着のある我が家」が出来ることを願って毎日仕事をしています!

 

春の木漏れ日

居間の壁にこんな影が映し出されていました。
ちょっと感動!

庭のエゴノキとブラインドの影と春のやさしい朝の光

工事中の現場の様子です!

現在進行中の現場です。

場所は兵庫県明石市。

6月末に完成予定です。そのころ見学会を開催しますのでご近所の方お楽しみに

工事の様子も徐々にお知らせしまーす!

杉の板張りの外壁です!

昨日紹介したお宅の外観です。

吉野杉の赤身を使用した外壁がいい感じ!

無塗装です

庭について

庭は家にとって、とても大切なものだと思います。
どんな素敵な家が出来ても、庭がないと
悲しいほど殺風景です。

自分の家の庭を考えていたとき、参考にしようと
買い物のついで、保育園の送り迎えの道、
いろんな家や庭を、見てまわりました。

でも、ない!ないのです、庭が。
庭のない家のなんと多い事。
古いお宅には、立派な門や、庭があるのですが
新しい家には、ほとんどないのです。

敷地に四角い家がポツンと建ち、塀も門も無い。
砂利が敷いてあり、プランターに少しのお花がある程度。

お客様でも、家への予算が精一杯で、庭造りまでは・・
とおっしゃる方がとても多いのです。

ぜひぜひ、造ってください、庭。
家の周りに花や木があると、景色ができるのです。
部屋から窓の外を観たとき・・癒されるんですよ。ほんとに



杉の家が完成しました!

ゴールデンウイーク中に1件引渡しの現場がありました。

今年の初めに基礎工事がはじまった現場です。約4ヶ月弱の工事期間。

良い施主さんと出会い、たくさんのよい職人さんたちのおかげで、やさしい雰囲気の家が完成しました。皆さん、ありがとうございました。感謝!

また完成した様子はホームページで紹介していきます。お楽しみに!

OSで建てられた建物の累計が2006年4月末でジャスト!!2000棟になりました!オープンネット株のホームページより

このお宅は2001棟目かな?

 

お庭。

暖かくなり、庭の緑は今、最高にキレイ!
今まで、一戸建てに住んだことがなく、植木や花の世話なんて
全くやったことがない。マメな性格でもないので、庭を維持することに、
大変な不安がありなした。
でも、手入れをしていると、道行く方が声を掛けてくださいます。
「きれいにしとってやね。」←播州弁で。
調子ノリで褒められ好きの私。
すっかり、ご機嫌麗しくなり、今日もせっせと
草抜きをするのでありました

知見
プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。