スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にたくさんの方に来ていただきました。感謝!

昨日の「吉野杉の家」の見学会の様子です。

見学会の様子

本当にたくさんの方々に見学に来ていただきました。

皆様ありがとうございました!


(時間がなくお一人お一人じっくりとお話ができなかったのが残念ですが)



「自然素材の家はいかがでしたでしょうか?」




一軒一軒大切に「木の家づくり」をしております。

年間3軒から4軒が精一杯ですが・・これからもがんばってつくり続けて行きます。

よろしくお願いいたします。





見学会開催を快く了解していただいた建て主様、お気遣いいただいた御家族の皆様方、

本当にありがとうございました。


また見学会の応援に来ていただいた業者の方々、

本当にありがとうございました。



いろんな方々に助けられ、大成功の見学会となりました。

感謝!yuz


スポンサーサイト

4月29日(祝)完成見学会のご案内 @兵庫県高砂市

完成見学会のご案内




この度、施主様のご好意により4 月29 日(水・祝)兵庫県高砂市にて「自然素材の家」の完成
見学会を開催させていただきます。



ダイニングの吹き抜けを中心に広がる居間やキッチンなどの生活空間。


大黒柱のある強い構造。


珪藻土や和紙、杉板などの自然素材の温かさ。


杉板パネルでつくるローコストな大工さんの家具も見どころです。


光にあふれ自然素材に囲まれた、心地よい空間をぜひご見学下さい。



ご来場をお待ちしております。




内 容: 高砂市「自然素材の家」の完成見学会


住 所: 高砂市伊保崎4 丁目


開催日: 4 月29 日(祝)

時 間: 午前10 時~午後3時(入場)

見学会.jpg

見学会申込はこちらから。




yuz


もうすぐ完成 もう少し紹介!。


4月29日見学会予定のお宅をもう少し紹介!

居間

ダイニングとは空間は一つだけど低いカウンターで区切られています。

これで居間としての雰囲気をつくることができます。



見学会申込はこちらから。




yuz

もうすぐ完成 少し紹介。

4月29日見学会予定のお宅を少し紹介。


今日はモノクロで!


外観1






外観2






吹き抜け







見学会申込はこちらから。




yuz よろしくお願いします。

兵庫県高砂市にて4月29日完成見学会。

4月29日完成見学会を開催いたします。


吹き抜け

吹き抜けを見上げたところ。

最上部に電動開閉式のトップライトがあります。


夏の暑い日にはここから家の中の一番熱い空気が抜けて行きます。

完成時にはこの下にシーリングファンが取り付きます。

これによって熱気はもっと排出されます。


↓取り付きました


ファン





お申し込み頂いた方には、場所等詳細をご連絡いたします。

申し込みはメールで連絡いただくか

電話    079-221-7223
ファックス 079ー221-7224


もしくはこちらの申し込みフォームからお願いします。




開催日:4月29日(祝日・水曜)10:00~15:00

開催地:兵庫県高砂市伊保崎

延床面積:約43坪

構造:在来木造2階建て

施工:オープンシステム(CM分離発注工事)

担当:有馬

よろしくお願いいたします。



yuz

雑誌に載るようなインテリアにびっくり。

今日突然2年半ほど前に完成したお宅にお邪魔してきました。




そこでびっくり!




完成した当時もセンスの良い素敵なインテリアだったのに


それがさらに進化していました。




感激したので少しだけ紹介させていただきますね。



エントランス

これが玄関を入ったところ。






ダイニング

そしてこれが吹き抜けのあるダイニング。




ニッチ

これは梱包用の材料で作った(本当は廃材になるものです)ニッチです。






写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、


本当に家が「大好き」っていう感じで、「素敵」に住まわれていました。




がんばってつくった甲斐があります。本当にありがたい。




過去にお世話になったみなさん本当に大切に住まわれています。

感謝!

yuz




咲きましたo(^▽^)o

庭で今朝、


こんな見事に咲きました。




ここのところ暖かいので、


日に日につぼみが大きくなっていました。





できるだけ長く楽しみたいな。






tom(*^ー^)ノ

ステンレスキッチン

オールステンレスのキッチンです。

ステンレスキッチン-1.jpg

木は一切使われていません。


大阪のLePur(ルプ)さんのこだわりのキッチンです。

メーカーや代理店を通さない職人さん手作りのキッチンです。


まさに仕一生ものの道具っていう感じです。しかも美しい。








食洗機やコンロも自由に選べます。

このキッチンはロジェールのガスコンロにミーレの食洗機。

コンロ

無垢の木の家にピッタリの愛着の湧くキッチン。

家もキッチンも丈夫で長持ちが一番いい。

yuz

兵庫県高砂市にて完成見学会!


4月29日完成見学会を開催いたします。


吹き抜け

吹き抜けを見上げたところ。

最上部に電動開閉式のトップライトがあります。


夏の暑い日にはここから家の中の一番熱い空気が抜けて行きます。

完成時にはこの下にシーリングファンが取り付きます。

これによって熱気はもっと排出されます。


お楽しみに!






お申し込み頂いた方には、場所等詳細をご連絡いたします。

申し込みはメールで連絡いただくか

電話    079-221-7223
ファックス 079ー221-7224


もしくはこちらの申し込みフォームからお願いします。




開催日:4月29日(祝日・水曜)10:00~15:00

開催地:兵庫県高砂市伊保崎

延床面積:約43坪

構造:在来木造2階建て

施工:オープンシステム(CM分離発注工事)

担当:有馬

よろしくお願いいたします。



yuz

木製バルコニー

木製バルコニーが付きました!

バルコニー

またまた「吉野の杉」の「赤身」です。

外壁が出来た後で取り付けた「後付け」バルコニー。


腐りにくい「赤身」ですが、20年後30年後にもしだめになった場合はもう一度取り替えることができます。
(いわゆる仕口はなくすべて金物で接続されていますので...)


yuz

前の工程が大切。

高砂の自然素材の家



内装工事の真っ最中です。

クロス下地

これはクロス屋さんのパテ処理の様子。



この「下地処理」に時間がかかります。


ボードのジョイントやビス穴などを埋め「下地」を平らにする仕事。


この見えない下地処理が大切な仕事。




クロス屋さんは一番最後の仕事です。

いくら腕の良いクロス職人でも「下地」の石膏ボードに不陸(平らでない)があればきれいに仕上がりません。



石膏ボードの「下地」の木材が歪んでいたらボードは平らになりません。



「下地」となる木材選び、

腕の良い丁寧な大工さん選び、

そしてそれらの連携、


いろんなものがうまくいって初めてクロス屋さんの仕事につながります。




この下地の上に土佐からの産直の和紙(わがみ)を貼って完成です。



yuz







足場が外れて外観が現れました!


やっと待望の足場の解体。

足場が外れるときはワクワクします。


外観

幹自然住宅工房としてはベーシックな外観です。



方位はできる限り南向きとし

軒を大きく出し

夏の日差しは遮り、冬の日差しは奥まで届くように。




外壁も自然素材で。



吉野杉の赤身とイタリア漆喰の2種類。

色は乾いた土の色のイメージで。




屋根の形状はできるだけシンプルな切り妻。

軽くて耐久性のある、そして雨漏りの心配のほとんど無い耐摩GL鋼板葺き。



大きな屋根が外壁を守ります。





明日、後付けの木製のバルコニーが取りつき

来週玄関ドアが取りつく予定。


内部も順調に仕上がっています。


yuz

事務所(兼自宅)のアプローチです。


事務所(兼自宅)のアプローチです。


春のアプローチ


このアプローチをデザインした時のイメージは「雑木林の小道」。


毎年、毎季節ごとに木々や下草は成長し、少しずつ風景を変えて行きます。


やっと「山道の風景」のようになってきたのかな?



毎日仕事から帰ってくるとこの四季折々の景色がお出迎えしてくれます。




雑木の庭なので定期的な剪定の必要はありません。

けど、これからの季節は草むしりも頑張らないとね!


yuz

イタリアの外壁材を土壁風に。

高砂の自然素材の家。


外壁も自然素材です。


外壁工事


現在の工事の様子です。


ラチスコ


イタリアの伝統漆喰「ラスチコ」って言います。

素朴な風合いがいい感じに仕上がります。



左官


小さい石(寒水)を入れて掻き落とし仕上げにしてもらっています。


テクスチャー


近くによるとこんな感じです。


「乾いた土」のイメージです。



土と木で出来た家が間もなく完成します。





お楽しみに!



完成見学会は4月29日の予定です。

yuz

階段手すりのデザイン。

大工さんの手作り。


杉手すり

他には無い「杉」の手すりです。


吉野杉の材木屋さんには「建具に使うような材料を」と注文します。



使い込むうちに愛着のある手すりになります。


愛着のある家は長持ちします。



yuz

昨年末に完成したお宅にお呼ばれしました。

外観




施主さん家族とも久しぶりの再会です。




完成した家の住み心地はいいかがでしょうか...。








水栓




この水栓おしゃれだわ~。




ジョウロもなんて可愛いんでしょう。








玄関




玄関用のイスは施主さん手作り!




親しくなった大工さんにいろいろアドバイスいただいて作られたそうです。




カバーは奥様が担当。




鮮やかな赤が玄関の印象を引き締めます。







小物



ちょっとした小物からもご夫婦のセンスの良さを感じます。










完成した時もうれしいのですが、




その後、どんな風にみなさんが住んでくださっているのか




とても気になります。






「新しいソファーを買ったんですよ。」



「はじめての冬、暖かく過ごせました。」



「今度はいいテレビ台が欲しいです。」





いろいろお話して、この家が大好きになってくださってるんだ




っと、感じることができて




私たちにとっても嬉しい一日となりました。
















tom
プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。