スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具。

左官屋さんの道具。




コテだけでも、こんなにたくさんの種類があります。





塗る場所によって使い分け。





それに脚立。





日本酒のケースも踏み台です。





軽いしすべらないんです。(私も借りて作業したことがあります。)





職人さんの道具は使い込まれていて、とても味があります。






tom。
スポンサーサイト

セルフビルド。

施主さんすごい!





どうです?本格的!




左官屋さんもびっくりの出来です。





白いタイルは木製サッシとの相性もバッチリ!





システムキッチンのまわりはブルーのタイルを貼ります。





それも楽しみです。






tom。

左官屋さんと。

キッチンの壁にタイルを貼ります。





施主さんが来られるまで下準備。




タイルの割を計算して並べてみます。





接着剤をコテで塗っていきます。





いつもお世話になっている左官屋さん。




なんでも優しく教えて下さるんですよ。







tom。

タイル貼り。

施主さん自らタイル貼ります。





INAX タイル用接着剤を使用。





タイルは施主さんが見つけたイタリア製。





色むらがあるんですが、それがまたイイ!






tom。

休憩しながら。

10時の休憩のときに、断熱工事業者さんと打ち合わせ。





いつもお世話になってる『ケイジー断熱』さんです。





現場を見ていただいて、見積もりを出してもらいます。







tom。

柱。

下から二階を見上げました。





大切に紙に包まれた柱。





『化粧の柱』です。





家が完成したとき、壁の中に隠れてしまうのではなく、全部見える柱です。






最後まで、このまま大切にされます。






tom。

サッシの確認!

施主さんに現場に来ていただいて、サッシの確認をします。




設計では大きさ、取り付け位置など決めてはいますが、もう一度一緒に見てまわります。





図面では良く思っていても、お隣の家の視線が気になる位置であったり、


もう少し大きい方が良くなったり。





設計図だけではなかなか想像できません。





住んでから、外から丸見えで落ち着かない~なんてことも困りますもんね。







tom。

冬の日差し。

二階にあるリビング。




いや~明るくて暖かい!





冬の低い日差しが部屋の奥まで入るように設計されています。





tom。

足場から。

まだ床板がはれていないので、二階やロフトに上がるのは恐怖との戦い。





だから足場をつたって登ります。





ぐらぐらしますが、大丈夫。





しゅるしゅる登って写真を撮りました。





ジャングルジムみたいで、ちょっとおもしろいんです。





そんなサルのような私の姿を施主さんに激写されてしまいました。




それもいい思い出になります………ね。






tom。

気をつけて~!

大工さん、あんな屋根の端っこで作業!




足場に右足をかけないといけないほどギリギリ!





慣れていらっしゃるとはいえ、気をつけて下さいよー。






tom。

ルーフィング。

今日は天気があやしい(?_?)。雨が落ちてきそう。




ルーフィングの工事を早めに始めていただきました。





幅1m、長さ20mのルーフィングの巻物!





これ、めちゃくちゃ重いんですよ。





担いで足場を登って屋根まで運ばなければなりません。





職人さん、腰痛くないかなぁ~と心配になりました。






tom。

ユニットバス。

ユニットバスの据え付け工事です。





ヤマハのお風呂です。





入浴しながら音楽が聴けるんですよ。





ついつい長風呂になっちゃいそうですね。






tom。

大きなポスターで広告!・・?



PhotoFunia-27d16bd.jpg




 

 

 




こちらのサイトで作ってみました





yuz

どれにしますかぁ?

塗り壁。





やっぱりいいですよね。





部屋が上質な雰囲気になります。





塗り壁にはいろんな種類があります。





それぞれの長所、短所、塗る工程など施主さんに説明して、決めていただきます。






tom。

夕食。

手作りコロッケです。




ジャガイモを茹でて、ミンチを炒めてぇ。





素朴な味です。





無垢板のテーブルだと、おいしいそうに見えるでしょ?!







tom。

夕暮れ。

一日で、家のかたちに。





事故もなく、無事に上棟が終わりました。




たくさんの大工さん、施主さんご家族の皆様、ありがとうございました。





今夜はゆっくり休んで下さいね。




お疲れ様でした。







tom。

高いなぁ~。

無事、棟があがりました!





高いところでの作業、大工さん気をつけて!




青空に映えて美しいですね。






tom。

進んでます。

順調に工事が進んでいます。





たくさんの大工さんが入っているので、早いですよ~。





クレーン車を停めてる場所、前日に施主さんのお父様が草刈りをしてくださっていたそう。





家族みんなの心がこもっていることが伝わります。






tom。

祝 上棟。

最高のお天気!





風もなく、青空。





大工さんたちと少し打ち合わせ。





「今日一日、安全第一でお願いします。」





声かけあって、工事が始まりました。







tom。

我が家の。

玄関です。





天窓があるので、開放感があり明るい!





大きな観葉植物を置いています。





木の家には植物の緑がぴったりですね。






tom。

モルタル。

古いサッシを外した時に、壁を壊しているので補修です。





モルタルをコテで塗っています。





左官屋さんの仕事、見るのが好きなんです。





見ると楽しそうで、なんか出来そう~って思うんですが、


見るとやるとは大違い。





さすが、プロ!ですよ。






tom。

取り替え完了!

大工さん二人で取り外し、そして取り付け。




和室なので、茶色の枠を選びました。




縁側の床も張り替え。




杉の無垢板です。






tom。

たいやき。

「毎日~毎日~僕らは鉄板のぉ~~♪♪」





たいやき、いいですねぇ。





現場からの帰り道に見つけたお店。





自家製あん。


薄皮パリパリ。





美味しかったぁ。







tom。

サッシ取り替え。

リフォームで、縁側のサッシを取り替え。





大工さんが丁寧に取り外します。





ペアガラスに代わるので、暑さ寒さが軽減されます。





防音効果もアップ!





快適な家になりますよ。






tom。

打ち合わせ。

足場の設置位置の確認。





図面と敷地を見て、最終確認です。





足場は家が完成すると撤去されてしまいます。





なので、家を建てるとき足場のことはあまり考えませんが、

とても重要な役割があるんですよ。






tom。

吉野の桧。

奈良、吉野の桧を土台に使っています。





現場には桧のいい匂いがただよっていました。






切り込まれた部分に、出っ張った方をはめ込んでいきます。





tom。

上棟をひかえて。

朝から大工さんが入って、土台据え付け。





基礎の上に材料を並べて準備です。






今日もいい天気で良かったなぁ。






tom。

カウンター。

リビングとキッチンをつなぐカウンター。





タモの二枚剥ぎ。





耳つきなので、自然な感じがでますね。





オイルは施主さんが塗ったんですよ。






tom。

カンナくず。

表面をきれいにするために薄くうすく削ります。






何度かプレーナーにかけると、本当にツルツルになります。




艶がでるような感じもします。






施主さん、カンナくずを持って帰られました。





木目が本当にきれいですもんね。







tom。

プレカット。

とても大きな機械にびっくり。





これでプレカットの加工をします。






でもやはり細かいところなどは手作業も。





施主さんは興味津々。




ニチリンプレカットの方も丁寧に説明してくださいました。





(いつもありがとうございます。)






tom。
プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。