スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山灰の外壁塗り壁

左官職人による外壁の塗り壁の工事が始まりました。



モルタル専用の防水紙「モルタルラミテクト」の上に下地の塗り材がからまるように波形の金網(ラス網)を張り付け。

その上に専用の下塗り材を塗り付けて行きます。



下の写真がその下塗りの材料です。
シラスからできた自然素材の材料。この材料でしっかり防水してくれるらしい。



いつも手早く丁寧な仕事をされる左官屋さん。塗り壁の多い幹自然住宅工房の家造りにとっては無くてはならない存在です。

外壁が終わると内部の壁、そのあとは玄関廻り、外構へと続いて行きます。

よろしくお願いいたします(^^)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。