スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月1日 兵庫県高砂市にて見学会を開催します。

3月1日(日)10:00~15:00 兵庫県高砂市「吉野杉の家」構造&断熱の見学会のお知らせ。


お申し込みはこちらのフォームからお願いします。




子育て世代のご夫婦の家づくりです。

閑静な住宅地に建つ約43坪の木造2階建て在来軸組み工法の家。





今回の見学会では吉野杉の構造と断熱を見学していただきます。

IMG_3161.JPG




吉野杉とは(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
-----------------------------------------------------------------


吉野杉(よしのすぎ)は、主に奈良県中南部の吉野林業地帯(主に川上村、東吉野村、黒滝村)が産地の杉。日本三大美林の1つ。


最高級のブランド材として有名。


江戸時代から昭和初期にかけては酒樽・樽丸の生産を目的としため、植栽本数は1ha当たり8,000~10,000本という超密植である。その後、弱度の間伐を数多く繰り返し、長伐期とする施行で行われてきた。年輪幅が狭く、完満直通、無節、色目の良さなどから、用材としても高く評価されてきた。

-----------------------------------------------------------------

という吉野杉の家。


構造材、床板、そして間柱などの見えない材料もすべて吉野杉です。



地元の兵庫県の宍粟の杉や丹波の杉の製材所さんも頑張っておられます。が、やっぱり吉野杉は目が細かくて色目が奇麗です。





また見学会ではその[構造]を見学していただくと共に[断熱]も見学していただきます。



アイシネン.jpg
(アイシネンホームページより)



今回採用した断熱は以前にも紹介したことがある「アイシネン」という断熱工法。



アイシネンとは、カナダで開発された水発泡という原理を利用した断熱材。

イソシアネートという液体とレジンと言われる液体を適正な温度と適正な圧力をかけて混合スプレーすることにより、100倍にまで拡張する現場発泡の断熱材。


その発泡力で住宅の隙間を埋め、また発泡する際にしっかりとした断熱層を形成するので、住宅の「気密工事」と「断熱工事」を同時にすることができます。






興味のある方はぜひこの機会にご見学ください。



高砂の家 構造見学会案内-3.jpg




お申し込み頂いた方には、場所等詳細をご連絡いたします。

申し込みはメールで連絡いただくか

電話    079-221-7223
ファックス 079ー221-7224


もしくはこちらの申し込みフォームからお願いします。




開催日:3月1日(日)10:00~15:00

開催地:兵庫県高砂市伊保崎

延床面積:約43坪

構造:在来木造2階建て

施工:オープンシステム(CM分離発注工事)

担当:有馬

よろしくお願いいたします。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。