スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の工程が大切。

高砂の自然素材の家



内装工事の真っ最中です。

クロス下地

これはクロス屋さんのパテ処理の様子。



この「下地処理」に時間がかかります。


ボードのジョイントやビス穴などを埋め「下地」を平らにする仕事。


この見えない下地処理が大切な仕事。




クロス屋さんは一番最後の仕事です。

いくら腕の良いクロス職人でも「下地」の石膏ボードに不陸(平らでない)があればきれいに仕上がりません。



石膏ボードの「下地」の木材が歪んでいたらボードは平らになりません。



「下地」となる木材選び、

腕の良い丁寧な大工さん選び、

そしてそれらの連携、


いろんなものがうまくいって初めてクロス屋さんの仕事につながります。




この下地の上に土佐からの産直の和紙(わがみ)を貼って完成です。



yuz







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。