スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉の床。

完成見学会をした時にお客様に必ず聞かれます。





「この床、住んでいったらどんな感じになりますか?」





無垢の板は初めは白くさらっとしています。





赤身(幹の中心)と白い部分の色の差がはっきり。





年月が経つにつれ、艶がでて飴色に変化していきます。





新築のうちも綺麗ですが、どんどん深い色になって馴染んでいく感じも、また美しいものです。







tom。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuztom

Author:yuztom
幹自然住宅工房の家づくり日記へようこそ!

一級建築士 有馬 譲

幹自然住宅工房へのメールはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。